ソニーのカメラα6000を売りたい!買取はどこに持っていく?相場は?

カメラ1

ここ最近でカメラを趣味に持つ人が増えていて、要因に素人でも使いやすい本格的なカメラが多いこと、SNSによる写真の共有が広く一般的になってきたことなどが挙げられます。しかし画質の良いデジタル一眼レフを買ったけどなかなか使う機会がなかったり、使いこなせない場合勿体ないので売ってしまうのも手です。

人気のカメラなら高値で買い取ってくれるのでおすすめです。ここではソニーα6000の買取について紹介します。

カメラの種類

デジタルカメラには大きく分けてレンズ一体型とレンズ付け替え型の2種類があり、その中でもコンデジ、ミラーレス一眼、一眼レフと分かれています。コンデジはコンパクトデジタルカメラのことで、名前の通りコンパクトで小型軽量、持ち運びが楽なのが特徴です。

レンズも本体一体型なのでズーム倍率や撮影モードも充実していて、撮りたいときにさっと出して撮ることができます。画質は一眼レフには劣りますがそれでも日常的なスナップ写真や子供やペットの成長記録などにはぴったりです。

価格も安価なものが多く、手軽に購入できます。ミラーレス一眼は名前にもある通り、光を反射させてファインダーに送るミラーがないのが特徴です。そのため内部構造がシンプルで本体自体も一眼でありながら小型で軽くなっています。

レンズ付け替え型なので、用途に合わせてレンズを選んで撮影する楽しみがあるため、カメラ初心者や趣味でカメラを持つ人にはぴったりです。そして一眼レフカメラはレンズから入った光をミラーに反射させ、被写体をファインダーで確認する構造となっています。

レンズ交換式で純正レンズだけでなくレンズ専門メーカーのレンズも利用可能なので、様々な写真を撮ることができます。

α6000とはどんなカメラ?

カメラ12

α6000はソニーが発売しているデジタル一眼レフカメラです。主な特長は一般的な一眼レフカメラと同じサイズの大型センサーを搭載していて色鮮やかな写真が撮れること、デジタル一眼レフながらカバンに収まる程コンパクトなサイズ感、オートフォーカス速度が速く撮りたい瞬間を逃さないこと、多彩な撮影機能で様々な写真が簡単に撮れることなどが挙げられます。

デジタル一眼レフでありながら、一眼レフと同じような高画質の写真を残せるので子供やペットの成長記録などにもぴったりです。レンズ交換式のカメラは持ち運びにかさばったり、本体自体が重かったりしますが、α6000はコンパクトで軽いので持ち運びも楽にできます。

そしてオートフォーカスの速度にこだわっているので、動きのある被写体へも対応します。オートフォーカスが反応する範囲は画面ほぼ全域となっていて、決定的な瞬間も逃しません。逆行や人物など11の撮影シーンや認識機能によって、カメラが自動的に機能を選らんで撮影してくれるのでシャッターを押すだけで簡単にきれいな写真が撮れるのが特長となっています。

α6000を売るならどこが良い?

α6000は標準レンズとズームレンズの2本のレンズがついて100,000円以下という、ミラーレスでは安価な価格設定となっています。手軽に購入できるのでカメラ初心者やサブカメラとしても人気のカメラです。しかしもしα6000を手放そうと考えているなら、カメラ買取の専門業者や家電量販店の下取りがおすすめです。

カメラ買取の専門業者の場合は実績があり知識もしっかりしているので安心して任せられるのと、根拠のある査定額を提示してくれるからです。カメラに詳しくない業者だと相場よりも安い価格で買い取ろうとしたり、なぜその値段なのか教えてくれないことがあるので注意が必要です。

また、家電量販店の下取りは次に購入するカメラが決まっている場合、買い換え目的の場合におすすめです。カメラに詳しいスタッフが査定してくれることに加えて、普通に買い取ってもらうよりも査定額をいくらか割り増しにしてくれるところが多いです。

査定額はそのまま購入資金に充てることができるのでお得に購入できます。

α6000の買取相場は?

カメラ10

では実際にα6000の買取相場がいくらかというと、状態によって差はあるものの30,000~52,000円となっています。

一般的な買取業者では40,000円前後で買い取ってくれることが多く、カメラ専門の買取業者では45,000円前後となっています。

また、カメラ専門の買取業者には実店舗のところと、ネット業者があります。

ネット業者では44,000~52,000円の買取相場となっていて、比較的高く買い取ってくれるのがメリットです。

なぜネット業者だと高く買い取ってくれるのかというと中間コストを省いているからです。ネット業者、特に実店舗を持たない業者は、極端に言えば店舗を運営する際の家賃や人件費、光熱費などがかかりません。このようなコストを省くことでいくらか買取金額に上乗せすることができるのです。

ネット業者のなかにも悪質な業者は存在します。業者を選ぶ際は口コミサイトや評判をよく比較して決めることがポイントとなります。また、ミラーレスや一眼などのレンズ交換式のカメラの場合、レンズのみの買取も可能です。

不要になったレンズだけでも買い取ってもらえます。種類にもよりますが数千円~数万円の値段がつくこともあります。

高く買い取ってもらうコツ

どうせ売るならできれば高く買い取ってもらいたいと思う人は多いでしょう。カメラを高く買い取ってもらうためにはいくつかのポイントがあります。まず査定額が決まるのはメーカーや機種、発売時期、保存状態や付属品の有無が関係してきます。

メーカーではソニーはニコンやキャノンに比べると劣るものの、比較的高値で買い取ってもらいやすいメーカーです。また、発売時期は古いものほど安価になりますが、市場での需要や上級者向けのカメラなどは古くても高値がつきやすくなっています。

α6000を高値で買い取ってもらうには他のカメラと同様普段の手入れが影響してきます。グリップ部にべたつきがないかどうか、へこみや傷がないか、ダイヤルがきちんと反応するかなど査定では細かいところまで調べます。

できるだけ新品の状態に近い方が高値がつくので、汚れは都度拭き取ったり、カバーをつけたり日頃から丁寧に扱うことが大切です。また、レンズはセットにした方が買取金額は上がります。レンズは買取価格が安定していて古くても値崩れが少ないため比較的高値で買い取ってもらえますよ。