ペンタックスのカメラ、特徴や買取相場は?

カメラ19

カメラを趣味にしている人やコレクターにも人気があるペンタックス。代表的なQシリーズやXシリーズは女性にも人気が高いです。しかし他のカメラを購入したり、もう使わないから不要になってしまったということもあるでしょう。

ここではペンタックスのカメラはどんな特徴があるのか、シリーズの種類や買取相場はいくらになるのかなど紹介します。

ペンタックスのカメラの種類

カメラ20

ペンタックスはデジタルカメラや天体望遠鏡、内視鏡などのブランド名でリコーイメージング株式会社が展開しています。この企業は日本の大手光学機器メーカーで高い技術力を誇っています。特に日本初の一眼レフカメラの発売、世界初のフラッシュ内蔵オートフォーカス一眼レフカメラの発売などで知られています。

フィルム式カメラの他、デジタルカメラの種類も豊富で、ニコンやキャノンに次ぐシェアとなっています。コンデジにはオプティオ、WGシリーズ、Xシリーズ、日本未発売のペンタックスEfinaシリーズがあります。特にXシリーズはネオ一眼と呼ばれ、一眼レフ風のデザインで広角・高倍率ズームレンズを内蔵しています。

ミラーレスには独自開発のQマウント機、一眼レフ向けマウントと同じマウントを持つKマウント機があり、Qシリーズでは数量限定のモデルや高級ブランド「ロエベ」とのコラボ製品もあります。レンズ交換式で、高画質を追求した高性能レンズのほか、安価なユニークレンズも発売しています。

そしてデジタル一眼レフには、Kシリーズ、645シリーズがあり645シリーズではほぼすべてのモデルでレンズが共通して利用できるようになっています。

ペンタックスのコンデジの買取相場

ペンタックスのコンデジの買取相場は機種や状態によって差があります。古い機種ほど買取相場は安くなっていて、オプティオシリーズでは2,000~14,000円ほど、WGシリーズでは4,000~21,000円ほど、Xシリーズでは3,000~15,000円ほどの買取相場となっています。

特にXシリーズは人気も高く、発売時期の順にX-70、X-90、X-5と有効画素数も上がり高画質となっています。X-70は4,000円前後、X-90は5,000円前後、X-5は10,000円前後の買取金額がついています。

もちろん状態によって買取価格は前後します。

ペンタックスのミラーレス一眼の買取相場

ペンタックスのミラーレス一眼はQマウント搭載のQ、Q10、Q7、Q-S1と、Kマウント搭載のK-01があります。市場ではQシリーズの人気が高く、買取実績も多数あるようです。Qではボディが4,000円前後、レンズキットが8,000円前後、Q10はボディのみで3,500円前後、レンズキットが9,000円前後、ダブルレンズキットが15,000円前後の買取相場となっています。

Q7はボディのみで6,000円前後、ズームレンズキットが12,000円前後、ダブルズームキットが20,000円前後の買取相場となります。

いずれもボディ単体のみよりもレンズセットの方が高値で買い取ってもらえます。また、ボディカラーはQはブラックとホワイトのみでしたが、Q10以降から数種類のボディカラーとグリップ部のカラーから自由に選んでオーダー受注できるようになっているのが特徴です。

そしてQ-S1はボディのみで10,000円前後、ダブルズームキットで15,000~22,000円の買取相場となっています。

ペンタックスの一眼レフカメラの買取相場

ペンタックスの一眼レフカメラの買取実績はフィルムカメラ向けのマウントのKマウントを搭載したKマウント機が多く、K-3、K-5、K-1のほかその後継モデルも機能性が高く高画質となっていて、比較的高値がつく場合が多いです。

K-3ではボディ単体で30,000円前後、レンズキットでは70,000円前後、K-5ではボディのみでは20,000円前後、レンズキットでは50,000円前後、K-1ではボディのみでも100,000円前後と高く、レンズキットでは200,000円前後の買取相場となっています。

K-1は3640万画素となっていて高画質な上、構図微調整や補正機能など性能面で優れているため中古でも人気が高く高額買取となっています。一方645マウント機は画素数が圧倒的で使い方もやや難易度が高く、本格的なカメラとなるためプロのカメラマンやコレクター、専門機関向けのカメラとなっているようです。

新品の販売価格も高額なので、買取価格も比例して高くなっています。特に645Zはレンズキットで100万円近い値段で発売されました。買取相場はレンズの有無や状態にもよりますが100,000~300,000円ほどで買い取ってもらえるようです。

また、ミラーレス同様レンズ交換式なのでレンズのみでも買取可能となっています。種類にもよりますが1,000~数万円の買取相場となっていて、中には数十万円の高額買取可能なものもあるようです。

カメラを売るときのポイント

カメラを買取に持ち込む、あるいは宅配買取の場合でもいくつかポイントがあります。コンデジの場合はレンズが一体型なので、レンズに入ってしまったホコリやゴミはとれません。また、結露やそれによるカビなどもとることができないので、こういった汚れなどがあると査定額は大きく下がります。

日頃からのメンテナンスや保管方法をしっかりしていれば症状が出てくることはないので、使っていない場合でも定期的に点検することが大切です。また、レンズのカバーがしっかり閉まるか、動作はスムーズかどうかなども査定に影響します。

もちろん、発売時期が新しく、機能性が高いものほど高値で買い取ってもらえます。ミラーレス、デジタル一眼の場合は買取相場でも分かるようにレンズキットや付属品がついているものの方が高く買い取ってもらえます。外箱やストラップ、レンズキャップなども使わない場合は保管しておき買取の際に一緒に査定してもらうと良いでしょう。

また、買取業者をどこにするかにもよりますが、家電量販店やカメラ屋などは下取りサービスを行っているところが多いです。新しく購入するカメラが決まっている場合は不要なカメラを持っていくと通常よりも高値がつく場合が多いです。

下取りサービスを利用すれば、不要なカメラをお金に変えて新しいカメラの購入費用に充てることができるのでおすすめです。